予想 競馬

【予想】GⅡアルゼンチン共和国杯 ~府中の空にオーロラを映し出せ!~

スポンサーリンク
予想
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

数少ないハンデGⅡです。

フルゲート18頭だからこそ、絞って的中を狙いたいですね。

印と見解

◎ブレークアップ

ジューンSは、外枠からハナを切ると、直線でもしぶとく粘っての2着。

ハンデ戦だったが、勝ち馬ヴェラアズールの2着は高く評価できる。

六社Sは好位の内で脚を溜めると、直線では進路の確保が上手く行かずに、追い出したのは残り200mからだったが、あがり2位で伸びての差し切り勝ちとなった。

逃げても控えても好走できる自在性がこの馬の強み。

枠順の並びは内枠の先行馬が少ないので、すっと好位の3,4番手を確保できるはず。

そして、直線で末脚を伸ばしてくれれば、高確率で馬券に絡むと思うので本命で勝負する。

また、田辺裕信騎手への乗り替わりとなるが、馬のリズムを重視して最後の伸びにつなげる技術が高いので、上手くエスコートしてくれるだろう。

◯テーオーロイヤル

天皇賞(春)は、先行しての3着。

ラスト3ハロンから11.5-11.7とペースが上がった時に、タイトルホルダーの後ろで追走できていたことは高く評価するべきだろう。

オールカマーは、超内有利の馬場だったが、終始外を追走しての5着なので参考外でいい。

57.5kgを背負っても、このメンバーで馬券外になる確率は低いので、軸に最適だろう。

▲ディアマンミノル

後方から確実に上がり上位の末脚を使ってくるタイプ。

軸にはしづらいが、重賞で4着が3回もある馬なので、展開さえハマれば勝ち切る力はある。

目黒記念は、1分2秒台のスローペースで先行有利の展開となったが、上がり1位の末脚を使って0.1秒差の4着にきている。

今回のメンバー構成なら、1分1秒台くらいのペースにはなると思うので、なんとか3着にきてほしい。

△ラストドラフト

2020目黒記念の2着馬。

2022アルゼンチン共和国杯でも5着と東京2500mへの適性は高いので、おさえておきたい。

推奨買い目

目標回収率は1000%以上に設定します。

皆さんの購入額に応じて使い分けてください。

500円の場合

ワイド     ◎ー◯          200円

馬連         ◎ー◯          100円

馬単         ◎→◯          200円

10000円の場合

ワイド     ◎ー◯          4000円

馬連         ◎ー◯         1000円

馬単         ◎→◯         2000円

3連単       ◎⇔◯→▲    各1000円

3連単       ◎⇔◯→△    各500円

キラーアビリティ、ヒートオンビートは買わない選択にしました。

キラーアビリティは、C.デムーロ騎手への乗り替わりがプラスに働くのかが未知です。

また、ヒートオンビートは人気先行型の馬かつ、相性の悪い戸崎圭太騎手とのコンビです。

頭数も多いので、上位人気を絞って的中を狙います。

コメント