分析 競馬

【分析】GⅠ日本ダービー全頭診断part1

スポンサーリンク
分析
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

今日は午前中に、大学で統計力学の授業を受けてきました。

ブログを書く時間を確保するためにも、授業内でできる限り多くのことを吸収しようと思いました。

 

さて、今週はいよいよ、日本競馬の祭典・日本ダービーです。

今年は少しですが、観客を入れての開催となったのは嬉しいことです。

来年こそは現地で見られるように、今年は我慢してテレビから応援します。

コース解説

東京・芝2400mで行われます。

競馬ラボより引用

・スタンドの正面からのスタートで最初のコーナーまでは約350m
・1コーナーの途中から向こう正面の中間付近まで下りが続く
・3コーナー手前に1.5mの坂がある
・坂を下りながら3コーナーに入り途中から上り勾配となる
・直線の長さは525.9m(Cコース)
・ゴールまで約460~300mにかけて高低差2.0m急坂がある
・坂を登ったあとも約300m走ってからゴールとなる
紛れの少ないコースですが、2000m近く走ってから急坂を登るためタフなコースと言えます。
スピードはもちろんですが、折り合いがついて操縦性が高い馬にも注目です。

天候と馬場傾向

※火曜日段階

木曜日に雨がかなり降る予報が出ています。

当日は良馬場となりそうですが、ダービーの週はB→Cコースに変わるので、土曜日の傾向を踏まえて柔軟に判断したいです。

また、過去5年で馬券になった二桁人気の3頭はすべて1~4枠で先行していた馬なので、穴馬はここから探すのが的中への近道となりそうです。

各馬の考察と不安要素

アドマイヤハダル M.デムーロ

皐月賞は最内枠を存分に生かした、ルメール騎手の最高の騎乗で4着に食い込んだ。

ただ、唯一の左回りだった東京1800m・アイビーステークスは4着に敗戦。

このキャリアでは判断しづらいが、今回は少し評価を落として方が良さそう。

オークスを勝ったデムーロ騎手とはいえ、3着が現実的なところか。

ヴィクティファルス 池添謙一

前走の皐月賞は4番人気で9着と負けた。

レースを見る限り、不利もなく単純な力負けだと思う。

ただ、共同通信杯ではエフフォーリアの2着に入り、シャフルヤールやステラヴェローチェに先着している。

今回人気を落とすようなら、左回りへの変わり身に期待してみたい1頭。

3連系の相手に入れておくといいことがあるかも。

エフフォーリア 横山武史

4戦4勝の無敗の皐月賞馬。

先行して速い上がりを使える理想的な馬で、世代の中で2枚ほど抜けた印象。

エピファネイア産駒ながら、折り合いもつき弱点らしい弱点がない。

あとは、鞍上の横山武史騎手が大舞台のプレッシャーに応えられるかがポイントになりそう。

ただ、皐月賞と同日の2勝クラス1600mのタイムは1:34.9。
このタイムに稍重を踏まえた12.5/200mを足すと、2勝クラスの2000m(仮)→1:59.9で皐月賞より速い。
単純比較はできないが、エフフォーリアが”強く見えた”レースかもしれないので、別路線の逆転も考えておきたい。

グラティアス 松山弘平

京成杯の勝ち馬。

新馬、京成杯ともに道中ゆったりと流れての瞬発力勝負を制した。

皐月賞では6着となったが、ダービーでこれより着順を上げてくるイメージがない。

掲示板確保が精一杯だと思うが、松山騎手なので3着の可能性はありそう。

グレイトマジシャン 戸崎圭太

確実に速い上がりを使える馬。

セントポーリア賞では出遅れるも、後のプリンシパルステークスを勝利するバジオウに0.4秒差をつけた。

前走はレコード決着の毎日杯をクビ差の2着に好走し能力を示した。

出遅れぐせはあるが、鞍上はダービーを2度2着の戸崎騎手で別路線組からの好走もありそう。

未知の魅力にかけて頭から勝負するのも面白い。

サトノレイナス C.ルメール

名門・国枝厩舎の悲願達成を託された牝馬。

阪神JF・桜花賞ともに僅かにソダシに及ばなかったが、どちらも強い内容のレースだった。

特に桜花賞は大外枠ながら勝ちに等しいレースで、距離が伸びてさらにいいタイプに見える。

陣営もオークスではなく、ダービーに送り込んでくるので手応えはいいはず。

牝馬でタフなレースは厳しいと思うが、瞬発力を活かせる展開になれば勝ち切ることも十分ある。

また、ルメール騎手なので牝馬といえども軽視しづらい。

ウォッカ以来14年ぶりの牝馬によるダービー制覇の瞬間が見られるかもしれないと思うだけでご飯が進む。

コメント