分析 競馬

【分析】GⅠ日本ダービー全頭分析part2

スポンサーリンク
分析
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

今日は大学で授業を受けてきました。

上手くブログの時間を確保して、頑張っていきたいです。

各場の考察と不安要素

シャフリヤール 福永祐一

共同通信杯はスローからの瞬発力勝負で、外枠の馬には不利な展開になった。

この馬は3,4コーナーでも外を回される展開となったが、直線ではあがり2位タイで3着。

負けて強しの内容で、エフフォーリアと着差以上の差はないように思う。

毎日杯から皐月賞を使わずにダービーへのローテも好感がもてる。

ダービーの味を2度知る福永騎手なら、ここ1番での逆転も考えておきたい。

ステラヴェローチェ 吉田隼人

世代屈指の力を持つ馬。

不良馬場のサウジアラビアRCを圧勝後、朝日杯FSでもあがり最速の2着となった。

共同通信杯は57kgのハンデが響いての5着で参考外でいいだろう。

皐月賞は内枠を行かした見事な競馬で3着と改めて能力を示した。

勝ち切るイメージよりも、ジリジリと伸びての3着がありそうに思う。

タイトルホルダー 田辺裕信

弥生賞は、スローペースの逃げを打って重賞初制覇を果たした。

皐月賞では、残り1000mからペースが上がり長くいい脚を使っての2着だった。

上位5頭でこの馬だけが外枠だったことを考えても強いレースに映る。

淡々としたペースで逃げて、残り1000~800m付近からペースを上げて持久力勝負に持ち込むレースが理想。

うまくハマれば、再びの好走の可能性は高い。

タイムトゥヘヴン 石橋脩

暮れの中山の未勝利戦を圧勝したことからも、持続力を生かしたレースが得意なタイプ。

また、NHKマイルカップでも直線で見せ場を作ったように、高速馬場の消耗戦も得意な印象がある。

早めに仕掛けていけば、5着くらいには来てもいいように思う。

ディープモンスター 武豊

デビューから2000m以上を使い続けて、皐月賞へと駒を進めた。

このレースでは、後方から3,4コーナーでも大外に持ち出し、あがり3位の7着となった。

デビュー5戦ですべて上がり3位以内を使えているが、倒してきた相手関係を考えると能力は見劣りする。

鞍上はダービー5勝の武豊騎手なので期待したくなるが、5着が精一杯だと思う。

また、ダービーは武豊人気で期待値が下がるので、やはり買いづらい。

バジオウ 大野拓弥

プリンシパルステークスを勝利してダービーに駒を進めた。

このレースで、ディオスバリエンテやタイソウを負かしているのは評価できる。

また、セントポーリア賞でグレートマジシャンに完敗したが、高速馬場適性は高いと思う。

2018年には16番人気のコズミックフォースが3着に食い込んだが、プリンシパルステークスを先行して勝利していた点は共通している。

先週の傾向を見ると考えづらいが、先行馬がまとめてくるような展開なら、馬券内も期待できるかもしれない。

先週のハギノピリナ同様、出走する限りどの馬にもチャンスはあるので、この馬の可能性にかけてみるのも面白いだろう。

コメント