分析 競馬

【分析】GⅡ日経賞

スポンサーリンク
分析
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

最近は春休みで競馬にかけられる時間は増えましたが、その分メリハリがつけられなくなってきています。

大学の勉強も並行して取り組んでいきたいです。

 

さて、土曜日には日経賞が行われます。

コーナーを6回通過する独特の舞台設定なので、コーナリング適性がポイントとなりそうです。

コース解説

中山・芝2500m(外→内)で行われます。

JRAより引用

JRAより引用

・外回りコースの3コーナー手前からスタート
・3,4コーナーを回って一度目の坂越えをする
・そのまま1コーナーを上り2コーナー手前で最高地点を迎える
・向こう正面の長さは約340m
・2コーナーから向こう正面の中間点辺りまで下り、3,4コーナーはほぼ平坦
・直線の長さは310m
・ゴールまで180~70m地点に高低差2.2m、最大勾配2.24%の急坂が設けられている
・コース設定は3つ(A,B,C)でAコースを使用
・全体の高低差は5.3m
2度坂を上るため、距離以上にタフさとパワーが要求されます。
8週連続開催の5週目、且つAコースを使用する最終週に、連日の雨も相まってかなり時計はかかりそうです。
直線が短く、ペースアップのタイミングが早まることで瞬発力よりも持久力が問われやすいです。
2500mの中で、真っすぐに走る距離は約1000m(直線2回+向こう正面1回)なので、コーナーでの立ち回りの巧さが能力以上に効いてくるコース設計といえそうです。

考察と不安要素

カレンブーケドール 松山騎手 54kg

主な勝鞍は3歳時のスイートピーステークスのみで最強の2勝馬。

勝ち切れないタイプの馬ではあるが、GⅠ,GⅡで2着がそれぞれ3,2回と能力面では申し分ない。

昨年のジャパンカップでは、三冠馬3頭に次ぐ4着で能力の高さを示した。

暮れの有馬記念でも、前目から粘り込んでの5着と底力を見せた。

津村騎手と手は合っていた印象はあるが、松山騎手への乗り替わりは鞍上強化といえる。

同騎手は有馬記念でも、サラキアを11番人気・2着に導いて仕掛けどころの判断も秀逸。

斤量面でも54kgは相当有利で、相手関係からも負けている場合ではない。

それでも、相手なりの馬なのでまた2着というシーンもあり得る。

ワールドプレミア 石橋騎手 57kg

ワールドエースの全弟でヴェルトライゼンデの半兄。

菊花賞を制した勢いで有馬記念でも3着に食い込んだ。

4歳春は天皇賞春を目標にしていたが、体調が振るわず全休。

約1年ぶりのレースとなったジャパンカップでは、史上最強メンバーを相手に6着と奮闘した。

ただ、2019,20年の有馬記念はそれぞれ最高方から大外ブン回しの3着、内をロスなく立ち回っての5着とかなり恵まれた印象。

前走の有馬記念でも、勝負どころの3,4コーナーで武騎手が敢えて仕掛けを遅らせたようにも見えるが、位置取りを下げていて加速までに時間がかかっている。

コロッと負けても不思議ではないような気がする。

鞍上が武→石橋騎手に替わるのもマイナスと言わざるを得ない。

コーナーでのもたつきから、着外も想定しておきたい。

ステイフーリッシュ 和田騎手 56kg

GⅡ・GⅢでは確実に走ってくる馬で、”このクラスなら何も考えずに抑える”でもいいほどの成績。

3連系やワイドはみんながとりあえず抑えておきたくなるため、配当妙味があまり期待できない。

以外にも中山2500mは初出走なので、切って勝負するのも面白そう。

かなり判断に迷う1頭。

ウインマリリン 横山武史騎手 53kg

フローラステークスを勝利して挑んだオークスは7番人気2着と走った。

秋華賞は直前にフレグモーネを発症していたためか15着と大敗。(うろ覚えなので間違ってるかもしれないです。)

エリザベス女王杯では、差し有利の展開ながら好位3番手から粘り込んでの4着と強い内容。

この時の上位3頭ラッキーライラック・サラキア・ラヴズオンリーユーを物差しにすると能力はかなり上位だと考えられる。

そして、前走初の古馬混合戦となったAJCCでも6着とそれなりに走っている。

前有利の展開であればしぶとく残る可能性はあるが、先週の傾向を見ると外差しも決まっていたので、判断が難しいところ。

ヒモで一考するかどうかの馬というイメージ。

狙いたい穴馬

サトノルークス 大野騎手 56kg

2着となったセントライト記念・菊花賞ともに35秒台の、上がりがかかる競馬で好走した。

ここ4戦は開幕週の鳴尾記念、高速決着の小倉記念とアルゼンチン共和国杯、そしてまた開幕週の京都記念と、適性外のレースで凡走。

馬柱が汚れてオッズをチャージできそうなので、そろそろ狙い時と感じる。

雨が降ると、セントライト記念の好走から人気が上がる可能性がある。

そのため、雨が降らないほうが期待値もあがり狙いやすい。

まとめ

競馬ファンとしては、カレンブーケドールにそろそろ重賞勝ってほしい気持ちです。

メンバー的にもここは負けられないので、期待したいと思います。

最終的な見解と予想はブログで公開するので、是非読んでいただけると嬉しいです。

コメント