分析 競馬

【分析】GⅢラジオNIKKEI賞

スポンサーリンク
分析
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

クラシックに出走した馬も多数出てくるので楽しみな1戦です。

コース解説

福島1800mで行われます。

競馬ラボより引用

・直線入り口付近からのスタート
・1コーナーまでは305mとローカル小回りの中で一番長い
・直線の長さは292m
・高低差はそれほどないが、アップダウンを繰り返すコース
起伏が多いコースなので、ペースの変化に対応できる馬が有利だと思います。

天候と馬場傾向

※金曜日段階

土日ともに少し雨が降る予報となっているので、良~稍重で開催されそうです。

また、地震の影響で今年初開催となる福島です。

前有利の傾向が出る可能性は高いと思います。

狙いたい馬

ワールドリバイバル 津村騎手

開幕週なので、逃げ先行馬から勝負したいです。

この馬はスタートセンスが抜群です。

3走前のあすなろ賞では、スタート後に行きたがる様子を見せたため、鞍上が気分良く走らせるとそのまま逃げ切って勝利しています。

ラスト4ハロンはすべて11秒台を刻んでいるのも評価できます。

テン乗りの津村騎手ですが、積極的な騎乗が持ち味なので、好スタートからこの馬のリズムで逃げてくれると思います。

ヴァイスメテオール 丸山元気

ここ2戦はルメール騎手とのコンビで後方からの競馬が続いていますが、丸山騎手とのコンビでは2戦とも先行できています。

前走のプリンシパルSは出遅れた上に、道中緩んで最後の3ハロン勝負となり超前有利の展開でした。

これを後方10番手の位置から上がり最速で4着と、負けて強しの内容で能力を示しました。

丸山騎手は乗り替わりで買える騎手で、積極策が武器でもあります。

さらに、芝では内枠で好成績をあげています。

1枠2番の絶好枠から上手くゲートさえ出てくれれば、頭まで期待できると思います。

コメント