予想 競馬

【予想】GⅠジャパンC ~この馬の一発に期待!~

スポンサーリンク
予想
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

今年のジャパンCは日本馬のレベルが若干低いです。

それに呼応するかのように、海外から4頭も参戦してくるので、国際レースとしての威厳が保たれそうです。

人気薄にもチャンスがありそうなので、狙っていきます。

印と見解

◎カラテ

天皇賞(秋)6着の実績とオッズが見合っていない。

天皇賞(秋)は、中団の内で脚を溜めると、直線では内ラチ沿いからジリジリ伸びて6着と力を示した。

シャフリヤールとは0.1秒差の競馬をしているので、オッズを考えるとこの馬を狙いたくなる。

2400mを走ったことがないのは不安点だが、人気薄の未知は魅力と捉えて、直線での末脚に期待して本命で勝負する。

◯オネスト

外国馬を狙うなら、今年だろう。

パリ大賞典は、最後方から直線で前をごぼう抜きしての勝利と強い内容だった。

また、今年から国際厩舎が東京競馬場に設けられた。

これにより、外国馬が直接東京競馬場で検疫を行うことができるため、馬にとってはストレスの少ない状態でレースに挑めるようになった。

さらに、父Frankel産駒は日本でもGⅠ馬を3頭排出しているので、血統面でも日本の馬場をこなす下地は揃っている。

そして、最後のスパイスとしてフランス人ジョッキーのC.ルメール騎手が騎乗となれば、狙わない手はないだろう。

外的要因が変化した時に狙うことが、後追い勢との差別化につながるので、外国馬は今年こそ狙っていきたい。

▲デアリングタクト

単勝で10倍以上付くのは後にも先にも最後のレースだろう。

近2戦で見限られた感じがするが、どちらも敗因はわかりやすい。

オールカマーは、内を回った馬が上位を独占した中で、外を回しての6着。

エリザベス女王杯は、重馬場で外枠の差し決着のレースを、内枠に入って6着だったが、一桁馬番の中では最先着している。

全盛期の力は残っていないと思うが、今回の相手関係とオッズなら、明らかに狙うだけの価値はある。

△シムカミル

パリ大賞典は、6頭立てのレースで逃げると、オネストには交わされたが、最後に盛り返して僅差の2着と強い内容だった。

ニエル賞は、直線早め先頭に立つと、クビを振りながら走っていたが、外から馬が来ると再度伸びての勝利となった。

2度目となるが、国際厩舎ができた年なので今年こそ狙いたい。

△テーオーロイヤル

アルゼンチン共和国杯は、内で脚を溜めると、直線では逃げ馬がラチにぶつかり、勝負どころでブレーキを踏む形になった。

再加速するも僅差の6着となったが、57.5kgを背負って勝ち馬と0.2秒差と強い内容だった。

天皇賞(春)3着の実績もあるので、このメンバーなら好走しても不思議ではない。

△シャフリヤール

天皇賞(秋)は、好位で脚を溜めるも、直線で切れ負けしての5着だった。

東京2400mは日本ダービー1着、昨年のジャパンC3着の舞台なので、適性は高いだろう。

ただ、昨年ほどの力は残っていない可能性もあるので、おさえまでとした。

推奨買い目

目標回収率は1000%以上に設定します。

皆さんの購入額に応じて使い分けてください。

500円の場合

ワイド     ◎ー◯,▲      各200円

馬連         ◎ー◯          100円

10000円の場合

ワイド     ◎ー◯,▲      各200円

3連単2頭軸マルチ       ◎→◯→▲,△    各400円

ダノンベルーガは買わない選択にしました。

能力が高いの事実ですが、GⅠで連対できていないのもまた事実です。

外枠かつ、距離延長ローテで人気しているので、きって勝負します。

コメント