回顧 競馬

【レース回顧】GⅢ阪急杯2021

スポンサーリンク
回顧
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

予想はこちらから↓

【予想】GⅢ阪急杯2021
以下2つの記事を踏まえて、予想をしました。 ハイペース想定で前が残りつつ、外差しも決まる展開で予想しました。 予想 本命◎ 8レシステンシア 枠順と展開を考えたときに、上位3頭の中で一番馬券内に来る可能性が高...

レース回顧

本命レシステンシア 1着

いや~、強かったですね。

レコード決着の素晴らしい内容でした。

レースラップも2ハロン目から全て11秒台以下を刻んでいますし、ラスト2ハロン目に10秒台が入っていて、この馬の強さとスピードの高さが分かります。

阪神JF以来の勝利となりましたが、今後もまだまだ大きいところをとれる馬だと思います。

NHKマイルカップから馬体重が32kg増えているのも成長している証です。

充実期でこのスピードがあれば、高松宮記念でも好勝負ができそうです。

ミッキーブリランテ 2着

驚きました。全くのノーマークでした。

上位3頭は前目の内らち沿いからレースを進めた馬でした。

レシステンシアのペースにも対応できたのは強い証拠だと思います。

展開的には厳しいラップをジリジリと伸びてきているので、こういうタフな競馬が得意なんだと思います。

ただ、前走に引き続き2桁人気で好走するとは思いませんでした。

次走以降はしばらく様子を見たほうがいいでしょう。

ここで人気で買っても仕方ないので、また人気が落ちたら狙いたい馬です。

ジャンダルム 3着

この馬はトロワゼトワルが世界レコードを出した、京成杯AHで3着にきていたように高速決着の粘り込みを得意としています。

今後もタフな流れの持続力勝負の時にはおさえたい馬です。

おさえるべき馬だったので、反省して今後に生かします。

消インディチャンプ 4着

直線を向いたときに「これは来るなぁ」と思っていましたが、最後は本来の伸びがなかったです。

このメンバーなら、最低でも3着は確保したいところでしたが、それもできませんでした。

これで非根幹距離(400mの倍数で割れない距離)の成績が1-0-3-2でデビュー戦から勝っていません。

ただ、それ以上に年齢的な衰えもあるのかもしれません。

ここ2戦は3着争いをする程度になっていて、今後の選択は難しいです。

人気が落ちるようなら検討したいですが、次走GⅠで人気なら疑ってかかりたいです。

三番手ダノンファンタジー 5着

出遅れたてしまったのがすべてでした。

道中は位置をあげて、外に持ち出してからは少しずつ伸びてきて何とか5着は確保しました。

乗り替わりも響いたかもしれません。

川田騎手とのコンビで馬券になったのは、2019年のローズSが最後なので手があっていない可能性もあります。

あとはディープ産駒らしく前走で勝った反動が出たのかもしれないです。

次走は間隔をあけて、ヴィクトリアマイルに直行すれば、狙いたいと思います。

抑えメイショウチタン、ロードアクア 6,7着

枠を活かした競馬をしてくれたましたが、素直に力が足りなかったようです。

相手関係次第ですが、今後GⅢでも馬券になると思います。

消クリノガウディー 9着

7番人気でしたが、9着となりました。

正直いつ好走するのか分からないので、人気薄でおさえておくといいことがありそうです。

次走、高松宮記念ならリベンジがかかるので、何かが起こりそうですね。

対抗ベストアクター 16着

去年の阪急杯以来のレースでしたが、厳しかったようです。

年齢的にも、7歳ですしこれ以上追いかけるのは危険かなと思います。

あまりにも人気がなければヒモで一考したいです。

まとめ

【有力馬考察】でも書きましたが、予想どおり3強で決まりませんでした。

しかも、2頭が馬券外になり高配当でした。

やはり、こういうレースは疑ってかかるべきレースでした。

僕も本命こそ来ましたが、相手がいなかったので悔しい結果です。

外差しを重視し過ぎた分、対抗の選択が甘くなりました。

全てのレースを当てることは不可能ですが、なるべく当てられるように近づけていきたいです。

コメント