回顧 競馬

【レース回顧】GⅡ金鯱賞

スポンサーリンク
回顧
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

凄いことになりましたね、、、、

改めて「競馬に絶対はない」を思い知らされました。

今年はダノンザキッド、デアリングタクトと圧倒的な支持を受けた馬が負けています。

今年はこの傾向が続きそうです。

もしかするとコントレイルも、、、なんてことにはならないでほしいです。

レース回顧

ギベオン 1着

こんなことがあるんですね。驚きとともに猛反省です。

誰もが来ないと思っていたからこその、単勝227.3倍です。

無理やり後付けすると、デアリングタクト負かすなら位置取りがこの馬よりも前の馬×中京で重賞実績=ギベオンという思考回路になりますかね。

この馬は3年前の中日新聞杯で勝利していて、昨年の金鯱賞でも4着に来ていました。

明らかに中京巧者ですが、ここで勝つのが凄いです。

鞍上の西村敦也騎手もデビュー4年目で嬉しい重賞初制覇です。

さて、競馬で大穴が激走するときは、たいていこの2つに当てはまると思います。

①超楽逃げからの粘り込み

②前総崩れで差し・追い込み決着

今回は①でした。

他にも、昨年のエプソムカップでトーラスジェミニが18番人気3着だった時もそうでした。

今後に生かしてこのような馬をとれるように精進します。

「超人気薄の楽逃げは買い!」壁に貼って覚えておきます。

対抗デアリングタクト 2着

競馬に絶対はないですね。

負けることも考えて対抗にできたのは収穫ですが、本命がだめでした。

先週の弥生賞と同じような展開になりました。

シュネルマイスターの時と同様に、ルメール騎手が上手く位置をとって流れを支配していたようにも見えます。

ただ、位置取りを考えれば1番強い競馬をしたのはこの馬ですが、馬が馬だけに1着と2着では雲泥の差です。

それでも悲観することなく香港に乗り込んで GⅠを勝ってほしいと思います。

そしてさらに成長した姿を見せてほしいです。

消ポタジェ 3着

思っていたよりも善戦してきて驚きました。

重賞初挑戦でしたが、勢いのあるディープ産駒に逆らっていいことはありません。

初の中京でしたが、難なくこなしているのでかなり実力はありそうです。

これでキャリア9戦目ですので、今後も馬券外に飛ぶまではおさえておくのが良さそうです。

消グローリーヴェイズ 4着

もう少し負けると思っていましたが、能力があるのでハナ差の4着でした。

やはり、中京と重馬場の分伸びなかった印象です。

平坦巧者だと思っていましたが、これだけやれたので大阪杯でも侮れない存在だと思います。

抑えキセキ 5着

スタートは五分に出ましたが、最後方からの競馬を選択しました。

最後は良く伸びていますが、さすがに届きませんでした。

今後の取捨が難しいですが、宝塚記念で狙うのでいいかなと思います。

鞍上も大切な馬ですので、誰が乗るかも注目したいです。

本命サンレイポケット 6着

中京適性からもっと戦えると見ていましたが、単純な力負けだと思います。

年齢的にも今後はローカルGⅢでおさえるのが妥当でしょう。

サトノフラッグ 7着

少しづつ危険な匂いがしてきました。

2戦連続道悪とはいえ、弥生賞の時を考えると物足りないです。

次走が良馬場なら様子を見たいですが、深追いしてもいいことはなさそうです。

ただ、能力とキャリアを考えるとどこかで馬券になるはずです。

人気が落ちたころに狙うのが上手い付き合い方だと思います。

3番手ペルシアンナイト 8着

結構期待していましたが、残念でした。

中京は合わないかもしれないですね。

年齢的にも人気になりづらいですが、どこかであと1回馬券になると思うので狙い撃ちしたいです。

マイラーズカップに出てきたら買いたいですかね。

ジナンボー 9着

普通に力負けです。

ローカルGⅢであと1回くらいは馬券になりそうです。

消ブラヴァス 10着

この馬もそこまで強くないと思います。

人気しがちなので、ローカルGⅢで慎重に判断したい馬です。

まとめ

初めからギベオンはないと決めつけていたことが敗因だと思います。

人気薄は多少目をつぶってでも、いいところを見つけ出してあげるようにしていきます。

人間関係でも一緒ですよね。

まさに「馬が合わない」人でも良いところを探していく努力をすれば、関係が上手くいくと思います。

先ほど壁に貼りました。

「今回は見逃してやったけど、次はただじゃおかないからな。待ってろJRA!」

切り替えて又来週楽しみましょう!

コメント