回顧 競馬

【レース回顧】GⅠ桜花賞

スポンサーリンク
回顧
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

素晴らしいレースを見せてもらいました!

レース回顧

△ソダシ 1着

いやぁ、本当にすごい馬です。完成度が高すぎますね。

馬名の通り、白毛がとても輝いていました。

レースでは、スタートが抜群でストゥーティを行かせる形でした。

3,4コーナーを終始ロスなく周って、直線では早々と前を捕まえ残り200mでは先頭でした。

最後はサトノレイナスをクビ差凌いだところがゴールでした。

これだけ完璧な競馬をできるのがソダシの強さであり、賢さだと思います。

そして、史上初の白毛馬のクラシック制覇を成し遂げました。

競馬界にまた一頭アイドルホースが誕生しました。

ますます競馬に興味を持ってくれる人が増えると嬉しいですね。

直行ローテが不安でしたが、全く問題なかったです。

今後はこちらのローテが主流になりそうですね。

次走はオークスに出てほしいです。

吉田騎手は勝利ジョッキーインタビューで「今後のローテは未定ですけど、ここを勝ってくれたので先は無限大にあると思います」と言っていました。

距離適性は血統的に厳しい気もしますが、今の完成度とレースセンスなら勝負になると思います。

今後も無事に進んでいってほしいです。

〇サトノレイナス 2着

またしてもソダシの2着でした。

出遅れましたが、慌てることなく道中はいいリズムで運んでいたと思います。

直線ではアールドヴィーヴルの外に出すと、ジリジリと足を伸ばし残り200mあたりからトップスピードで追い込んできました。

最後はわずかに届きませんでしたが、能力の高さは見せてくれました。

またしてもソダシに後塵を拝しましたが、オークスや秋華賞では逆転も可能だと思います。

終わってみれば、阪神JFの1,2着がそのまま上位を独占する形になりました。

2頭とも直行ローテでしたが、改めてGⅠにはGⅠの格があるなと再認識しました。

次走のオークスもとても楽しみになりました。

ファインルージュ 3着

福永騎手を考えると、人気の盲点だったと思います。

内枠を上手く活かして3着に食い込んできました。

パトロールビデオを見ると福永騎手がいかにうまく乗っているかが分かります。

スタート後すぐにソダシの真後ろをキープして、そこからずっと追走していました。

直線でもソダシの後ろを通り、最後は外に出して伸びてきました。

本当にそつなく乗っているなという印象です。

また、この馬はフェアリーSを2着に0.4秒差で勝利していますが、その2着のホウオウイクセルが次走のフラワーカップで1着だったことを踏まえると、もう少し人気しても良かった気もします。

次走はオークスになりそうですが、母がスプリントを中心に使われてきているので厳しいかなと思います。

個人的にはNHKマイルカップに行ってほしいです。

アカイトリノムスメ 4着

スタートが心配でしたが、普通に出てきました。

横山武史騎手も促して位置を取りに行ったのは好騎乗だったと思います。

直線しぶとく伸びていました。

この馬もソダシ同様に完成度の高いタイプかなと感じます。

次走のオークスでも期待できる1頭ですし、ソダシを負かせる可能性もあります。

それにしても金子オーナーは凄いですね。

GⅠに2頭出して、1,4着はもうウイニングポストの世界ですね。

さぞかし楽しいんだろうなと想像できます。

今後も金子オーナーは競馬界をけん引する存在であってほしいです。

因みに、この馬の名前は母・アパパネがハワイの固有種の赤い鳥なので、母にちなんでつけられたそうです。遊び心がありますね。

◎アールドヴィーヴル 5着

残念ながらGⅠ馬にはなれませんでしたが、思い通りの競馬はできたと思います。

スタートから中団の8番手を追走していたのでこれはいいぞと見ていました。

直線では伸びてきそうな手ごたえでしたが、坂で止まってしまいました。

4着とは3馬身空いているので現状では力が足りなかったということでしょう。

ただ、デビューから446→428→422と馬体重が減っているのが、少なからず影響していると思います。

母は1800~2200mを使われていた馬ですし、オークスで増やしてくればまだチャンスはある馬だと思います。

ククナ 6着

最後方ポツンの競馬でした。

人気もなかったので藤岡佑介騎手も思いきったレースを選択しました。

直線では上り2位の末脚で追い込んでの6着でした。

母・クルミナルは桜花賞2着→オークス3着なので次走出てきたら面白いと思います。

3着のヒモで買いたい馬ですかね。

ストゥーティ 7着

気分良く逃げていたところをチューリップ賞に引き続いてメイケイエールに邪魔されました。

それでも、直線では一瞬後ろを突き放して見せ場を作ってくれました。

新馬戦ではレッドベルオーブを負かしているように能力はある馬です。

人気になりづらいタイプですが、先行力があるのでどこかで穴をあけてくれると思います。

次走NHKマイルカップに行ったら侮れないと思います。

エンスージアズム 8着

ディープ×ストームキャットらしく今の馬場があっていたのだと思います。

血統的にも人気しますが、そこまで強さを感じないので過信は禁物だと思います。

ホウオウイクセル 9着

適性があっていない中で良く戦っていました。

牝馬限定GⅢで内枠に入ったら狙うくらいでいいのかなと思います。

10~17着の馬たち(エリザベスタワーとジネストラ以外)

距離適性と力差が敗因でしょう。

短距離路線での活躍を期待します。

ジネストラ 11着

アネモネSからのローテは厳しい部分があったと思います。

血統的にも距離が伸びても良さそうなので次走に期待したいです。

半姉にオークスで2着のチェッキーノがいるので、フローラS→オークスでお待ちしています。

エリザベスタワー 13着

こんなもんでしょう。

チューリップ賞では勝利しましたが、あれだけかかったメイケイエールとの同着でしたし、メンバーレベルはそれほど高くありませんでした。

成績的にもピンかパーの馬なので人気で軽視するのが上手い付き合い方だと思います。

▲メイケイエール 18着

予想には「正直ピンかパーの馬だと思います。」と書きましたが最下位とは思いませんでした。

ノリさんはスタートを遅らせたと思いますが、この馬自身の負けん気が強すぎて、ずっとかかっていました。

前に馬がいるのが嫌なんでしょうね。

残り1200mあたりでミニーアイルとソングラインを邪魔しながら外に出して行かせました。

直線では残り400mでいっぱいになっていたので、この気性面が治らないと1200mが限界なような気がします。

はみ受け不良で平地調教再審査となるみたいです。

次走はNHKマイルに出てほしいですが、同じような競馬になりそうなので難しい判断です。

いっそのことスプリンターズステークスを目標に立て直してほしいです。

スピードは一級品のものを持っているので。

まとめ

馬券は外しましたが、とてもいいレースを見させてもらいました。

白毛馬が勝つと競馬が盛り上がりますし、ファンも増えると思うので今後の活躍にも注目したいです。

コメント