回顧 競馬

【レース回顧】2020 京成杯AH

スポンサーリンク
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

    

今日行われた、京成杯AHの回顧をします。

僕の予想はこちらからどうぞ!
https://tomoblog200819.com/2020keiseihai_ah

・レース結果

1着 10 トロワゼトワル

このレースで連覇を達成しました!
ただ、今日は2番手に控える競馬で勝利できたことに驚きました。
今までは、ハナをきると強い競馬をしますが、控えると簡単に負けるレースが多かったです。

横山典弘騎手の勝利ジョッキーインタビューのコメントの
「最初乗せてもらったときはね、なかなかのヤンチャお姉ちゃんだなって思ったんですけど、今日は、い~~い感じで、大人になってました!」
という言葉にもある通り、ハナにたつだけでなく、控える競馬で勝利できたのは、今後に向けていい収穫になりました!

2着 16 スマイルカナ

僕の2頭軸のうちの1頭でした。
大外枠からのレースでしたが、予想でも述べた通り、スタート後の加速力でハナにたつことができました。
その後は自分のペースでレースを進めることができたのがよかったです。
あし毛の牝馬の逃げ馬ということで、最近でいうとアエロリットに似ているがします。
まだ3歳牝馬ですし、マイルならGⅠでも好勝負をしてくれると思うので、今後がとても楽しみになりました!

3着 2 ボンセルヴィーソ

「今日の穴馬」で取り上げた馬がさっそく馬券になってくれました。
競馬のひとつの醍醐味は、穴馬を見抜くことなので、とても嬉しいです!
開幕週の内枠で、前残りの展開になったことが好走の要因だと思います。
この馬は今年の重賞で3回走って、全て2桁人気で馬券になっています。
でも、まだ重賞を勝ったことがないので、いつかその日がくることを信じて、これからも応援します!

パトロールビデオを見るとよくわかりますが、今日の1~5着の馬はすべて、6番手以内のうちラチに近いところで競馬をしていた馬たちです。
開幕週ということもあって、顕著な傾向がでたレースだったと思います。
このように、パトロールビデオをみると、普段のレース映像では、分かりにくいことも知ることができ、今後の予想の際の参考にもなるので、ぜひ一度見てみて下さい!

それでは!

    大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

コメント