競馬

【初心者必見】競馬の回収率を飛躍的に上げるための3つのコツ

スポンサーリンク
競馬
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

「競馬を始めたからには勝ちたい」

「競馬を始めてからだいぶ経つけど、思うような結果が出ない」

そんな風に考えている人はいませんか?
今回はそういった方向けに回収率を向上させるための3つのコツをお伝えします。
拙い文章ですが、ぜひ最後まで読んでいただき、少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

1 かけ金を減らす

まず、大前提として競馬ですべてのレースを的中させることは不可能です。
基本的には5回に1回程度当たると考えるのが自然です。

ここで大切になってくるのが、かけ金を減らすことです!

何だそんな単純な事かといわれそうですが、かなり重要です!

まず初めに、回収率=払い戻し額÷かけ金です。

例えば、あるレースで500円かけて2000円の払い戻しがあれば回収率は400%ですね。
これが同じ払い戻し額でも、4000円かけていたらどうでしょうか?

50%です。簡単な算数の問題です。
結論、これがすべてです。少ない金額で当てることができれば回収率は上がります!

「ちょっと待って、そんなことができたら苦労しない」という声が聞こえてきました。

でも、よく今までのご自身の馬券の買い方を振り返ってみて下さい。
高配当を狙って三連単を購入してみたり、軸がこなかったときのための保険で買い足してみたりと、、

結果としてあまり当たっていないですよね?

いや、俺はそんなことないという方はこの文章を読む必要はありません。

ほとんどの方(自分も含めて)はいわゆる、無駄な買い物が多いんです。

複勝・ワイドを除けば、基本的に的中は一通りです。

それなのに三連単でマルチにして点数を増やしたり、当たりもしない抑え馬券を購入してしまいます。

もう一度言います。当てられるならそれでもいいんです。

まあ、こんなこと言ってますが、僕も去年までは1レースに3000円とか平気でかけてましたw
去年の有馬記念は20000円もかけました。(この時は当たったのでいいですが)

今振り返るとかなり無茶な買い物をしていました。
ただ、今年はかけ金を減らしています。
具体的には1レース1000円以下です。(ダービーはわりと買ってました)

最初はあまり実感がわきませんが、3か月もすれば実感します。
それは、やはり当たらないということです。
僕はかけ金を減らすことを意識してから、その威力が分かりました。
仮に5レース連続で外したら(よくある)、以前の僕なら15000円ほど負けています。
でもこれなら5000円です。

さらに、単純に負け額を減らすことだけでなく、これにはもう一ついい面があります。
それは感情的になりにくいことです。ギャンブルは基本的に感情的になると高確率で負けます。

皆さんも負けを取り返そうとして、馬券になるはずのない大穴に賭けた経験があると思います。
こうなると負のループに陥ってどんどん負けていきます。
ここでもかけ金を抑えているので、精神的に余裕が生まれるはずです。

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

今回一番伝えたいのはかけ金を減らすことです。
一度だまされたと思って、3か月ほど続けてみて下さい。
自分にとって無理のない金額で取り組むと効果は絶大です。
また、参考動画としてこちらもご覧下さい。より詳しく回収率の上げ方を理解できると思います。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

2 点数を絞る

これは1にもつながってきます。

言い換えると、かけ金を抑えるからこそ点数を絞ることができるんです。

最近の僕は1レース500円にしています。こうすると多くても5点しか買えません。

これが3000円だとあれもこれもと買い目が増えていきます。

何度も言いますが、基本的には当たりません。どうせ外れるなら、当たった時の回収率を上げればいいんです。

5回に1度ならそこで回収率が600~1000%程度になるように買えばいいんです。

そんなの大変と感じるかもしれませんが、例を挙げれば、かけ金が500円だったら払い戻しが3000~5000円になるようにかけるんです。

これなら現実的だと思います。
もちろんすぐにはうまくいきませんが、これも練習するうちにわかってきます。

点数を絞って常に回収率を意識して馬券を購入することでだんだんと回収率は上がっていくはずです。

3 単複・ワイドを買う

最後は馬券の種類です。

その前に払い戻し率の説明をさせてください。

これは総購入額のうち的中者に還元される金額の割合のことです。

還元率50%だとして、レースの売り上げが1億円なら、5000万が的中者で山分けされ残りのもう半分は主催者に入ります。

皆さんは各券種ごとの払い戻し率をご存じでしょうか?

単勝・複勝が一番高く80%、次いで枠連・馬連・ワイドが77.5%、馬単・三連複なら75%、一番低い三連単は72.5%です。

意外と知らなかったという人もいると思います。

ここから分かるのは値が低い券種ほど、回収率を上げにくいということです。

期待値的には、年間で100万円をかけたとして単複なら80万円が戻ってくることになりますが、三連単だけだと72.5万円です。つまり、三連系の馬券を買えば買うほど、負けやすくなります。

特に三連単は配当が高額になるので、つい買いたくなってしまうのはとてもよくわかります。
でも、自分を振り返っても三連単はほとんど当たったことがなく、3着が抜けるなどで当てるのはかなり大変です。皆さんも当たっていないと思います。

さらに1,2を踏まえればおのずと三連系には手が出しづらくなるはずです。三連系は自然と買い目が増えていきますし、5点以下で当てるのは至難の業です。

だから回収率を上げるなら、単複やワイドを買うべきです。個人的にはワイドがおすすめです。

ワイドの良さは人気馬を自信をもって消せるところです。

ワイドは1~3着のうちの2頭を当てる馬券で、各レースで3通りの的中があります。
ここがすごいところで、仮にきった人気馬が3着以内にきてしまったら、複勝を除いたほかの馬券は全て外れます。でもワイドなら残りの2頭の組み合わせが残っているので、まだ的中の可能性が残ります。

また、消した人気馬が3着にこなかったら、場合によってはダブル的中、トリプル的中だってあり得ます。ここら辺の詳しいことは邪推しガンマさんという、僕がお世話になっている方の動画で詳しく述べられているので、興味のある方は是非ご覧ください。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 4 まとめ

今回は回収率を格段に上げるひけつについて書きました。

すべてに共通しているのはどうしたら負けにくいかを考えることです。
自分のお財布事情と相談して、無理なく楽しむのが競馬です。

でも、どうせやるなら負けたくないはずです。
そのために、今日お伝えた3つを意識しつつ、オッズを考慮して、期待される回収率に届くのかを見極めてから最終的に馬券を購入してください。ときには見送るのも一つの手です。

僕は競馬が大好きですし、ただのギャンブルではないと感じています。もっと多くの人に競馬を知って、楽しんでほしいです。今後も自分の予想を中心に発信していきます。皆さんの競馬ライフに少しでも参考になったらうれしいです。

では、また今度!

コメント