名レース 競馬

【どっちが勝った?】胸が熱くなる名勝負ベスト3

スポンサーリンク
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

最近、乗馬を始めたゆたかです。

今回は、個人的にぜひ知ってほしい名勝負を紹介します!

    

第3位 シャドーロールの怪物vs変幻自在

1996年 阪神大賞典 芝3000m

1996 阪神大賞典 ナリタブライアン

僕が生まれる前のレースです。

1994年に史上5頭目の三冠馬になったナリタブライアンと
前年菊花賞と有馬記念を連勝して臨んだ、マヤノトップガンのマッチレースです。

残り600m辺りから内トップガン、外ブライアンで並んだまま直線へ

そこからはお互いに譲らず壮絶な追い比べが繰り広げられる!

そのまま残り10mまで二頭は全くの横一線、、

「内か、外か、わずかに外かーー!」と、杉本清さんの名実況ともに

最後の最後にブライアンが少しだけ前に出たところでのゴール!

彼にとって、これが現役最後の勝利となりました。

第2位 河内の夢か豊の意地か、どっちだ!

2000年 日本ダービー 芝2400m

2000 第67回 日本ダービー(GⅠ) アグネスフライト  (三宅正治)

武豊がなかなか勝てないといわれていた日本ダービー。

10回目の挑戦で、スペシャルウィークとともにつかんだダービージョッキーの称号。

それから2年、前年のダービーではアドマイヤベガの鞍上で史上初のダービー連覇を成し遂げた彼は

前人未到の3連覇をかけて、皐月賞を勝利し二冠を目指すエアシャカールに騎乗した。

一方、17回目のダービー挑戦となった河内洋は「これがラストチャンス」との思いでアグネスフライトにすべてを託した。

最後の直線では、残り200mで先頭に立ったエアシャカール。

そこに外からアグネスフライトが並びかける。

残り50mで馬体が並び最後に交わしたのは河内のアグネスフライト。

その差わずか7cmの名勝負となった。

この2人は師弟関係があり、武騎手の3連覇達成を師匠の意地が勝っての初勝利となりました!

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

第1位 牝馬と牝馬と今年のダービー馬

2008年 天皇賞秋 芝2000m

ウォッカ 2008年 天皇賞(秋)

前年、ダービーで64年ぶりの牝馬による制覇を果たしたウォッカ。

そこにたちはだかるのは桜花賞、秋華賞でウォッカを封じたダイワスカーレット。

さらに、その年のダービー馬ディープスカイも参戦し、

超豪華メンバーがそろったこの年の一戦。

レースはダイワスカーレットがよどみないペースで逃げ、府中の直線526mへ。

内で逃げ粘るところに、外から新旧ダービー馬が猛然と迫る。

残り100mで差されたようにみえたダイワスカーレットだが、驚異の粘り腰で差し返す。

わずかに遅れたディープスカイ。

最後はウォッカとダイワスカーレットが全く並んでのゴール!

1分57秒2は当時のレコード!

長い写真判定の末、2cmを制したのはウォッカ!

余談ですが、個人的には青島さんの実況は感情がこもっていて好きです。

同世代の最強牝馬2頭が演じた史上まれにみる名勝負でした!

 

まとめ

今回は最後の最後まで分からない、手に汗握るレースをご紹介しました!

競馬にはギャンブルだけではない、何か勇気をくれるような力があります。

今後も競馬を楽しんでもらえるような記事を書いていきます!

では、また明日!

競馬ランキングボタンを押していただくと、あなたの的中率がほんの少しあがるかも!?


競馬ランキング

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

 

コメント