予想 競馬

【予想】GⅠ安田記念 ~コントレイル世代の復活勝利だ!~

スポンサーリンク
予想
本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございます!

当ブログにお時間を割いて頂き、ありがとうございます!

今日も競馬を楽しみましょう!

天皇賞(春)からの6週連続GⅠ、そして東京での5週連続GⅠの最後のレースです。

昨年から世代交代して、フレッシュなメンバーが揃いました。

58kgの経験値と、展開を踏まえて印を決めました。

印と見解

◎サリオス

一発が期待できる馬。

昨年の安田記念では、直線で進路を塞がれる不利があったが、その後もジリジリと伸びて8着だった。

ここで、一度58kgを経験できたことは大きい。

昨年の香港マイルでは、好スタートから逃げると、直線もしぶとく粘って3着。

香港の最強馬・ゴールデンシックスティの3着なので、高く評価できる。

前走の高松宮記念で1200mを経験して、このメンバーなら楽に2,3番手を確保できるだろう。

メンバー構成からも展開に恵まれる可能性は高く、よほどのハイペースでない限りは、簡単に止まる馬ではない。

香港マイルを含めて、1-2-1-0と抜群の相性のD.レーン騎手と復活のGⅠ勝利を期待したい

◯セリフォス

朝日杯FSはハイレベルメンバーの中での2着。

1着馬→ダービー馬、3着馬→NHKマイルカップ馬、5着馬→皐月賞馬を踏まえると、相当高く評価すべきレースといえる。

前走のNHKマイルカップでは、超外差し馬場だったが、直線でラチ沿いを通っての4着は、負けて強しの内容。

何より、3歳牡馬は54kgなので、4歳上の牡馬とは4kgの斤量差がある。

昨年のシュネルマイスターの3着を考えても、ここでの好走の可能性は高い。

明け2戦目での上昇にも期待できる。

▲ファインルージュ

ヴィクトリアマイルでは、直線で躓く致命的なアクシデントがあったが、体勢を立て直すと、進路を切り替えながら伸びて2着。

ソダシとの着差を考えると、ロスがなければ、勝ち負けまであったように感じる程、強いレースだった。

今回は明け2戦目で、前走と同じ舞台となれば好走する可能性は高い。

メンバー構成からもハイペースは考えづらく、有力馬の中では前で競馬できるこの馬に展開が向くだろう。

△カラテ

血統・生産者・騎手に馴染みがないせいか、全く人気していない。

このオッズが過小評価なのは明らかで、狙うべき穴馬。

この馬は、昨年のこのレースで58kgを経験できた上に、今年のニューイヤーステークスで、58kgで勝利した実績がある。

また、同コースの東京新聞杯では、昨年1着、今年3着と安定している。

今年は勝ち馬が強く見えたレースだったが、この馬は直線で進路を確保するのに時間がかかった。

進路が空いてからは、勝ち馬と同じ脚色で伸びていることからも逆転はあり得る。

むしろ、人気がガタ落ちしているので、期待値は高い。

GⅠで足りない印象があるのは否めないが、この人気なら積極的に狙いたい。

推奨買い目

目標回収率は2000%以上に設定します。

皆さんの購入額に応じて使い分けてください。

500円の場合

ワイド     ◎ー◯,▲      各100円

馬連        ◎ー◯,▲      各100円

馬単        ◎→◯          100円

10000円の場合

ワイド     ◎ー◯,▲      各1000円

馬連        ◎ー◯,▲      各2000円

馬単        ◎→◯,▲      各1200円

3連複       ◎ー◯ー▲,△    各100円

3連単       ◎→◯⇔▲    各500円

3連単       ◎→◯⇔△    各200円

シュネルマイスターは、前走が海外で凡走、かつ初の58kgと不安要素が多いので、買わない選択にしました。

また、イルーシヴパンサーは強いですが、前走はハマった感じがあり、展開待ちの面はあると思います。

初GⅠかつ、58kgで勝ち切れるほど甘いメンバーではないと思うので、この馬も買わない選択にしました。

コメント